独学でサイトを立ち上げてみました。色々分からないことばかり。PCが御臨終、スマホだけでどうにかなるのか??

映画『TENET テネット』あらすじ無し、ネタバレ無しで紹介

映画『TENET テネット』

基本情報

制作国:アメリカ・イギリス

日本公開:2020年

上映時間:151分

 

パート1 〜あらすじ無し、ネタバレ無しで紹介

何を求める人向け?

「ハラハラ」「ドキドキ」「ワクワク」を味わいたい人

 

おすすめの対象年齢

青年向け、大人向け

 

あらすじ無し、ネタバレ無しで見所を紹介

・理解不能な未知の映像体験ができる

・CGに頼らず、大掛かりなアクションシーンも実際に撮影している

・原題「TENET」は、回文である

 

鑑賞前に知っておくとより楽しめる情報

・脚本、監督のクリストファー・ノーランは、TENETの背後の着想を20年間に渡って温め、脚本の練り直しに6, 7年掛けている

・通常のスクリーンは画角が40%減、IMAXシアター(画面アスペクト比 = 1:1.85)での鑑賞が最上級の映画体験となる

・1回目では誰も意味がわからない、鑑賞時は考えるな、感じろ!!

 

おすすめ度

☆☆☆☆ 4点

 

 

 

 

 

 

下記は少しネタバレがあります

 


 

パート2 〜少しだけ踏み込んだ紹介〜

少し内容に踏み込んだ見所

・クリストファー・ノーラン監督作『インセプション』 『インターステラー』 『ダンケルク』が好きな人には超おすすめ

・クリストファー・ノーラン監督は、大の「007」好き

・タイム・トラベルの話ではありません

 

 

 

 

下記、ネタバレを含んだ感想があります

〜 本編観賞後にご覧ください 〜

 


 

パート3 〜ネタバレ有り〜

くらぱぱの感想

『インセプション』も『インターステラー』も、何度も訳ワカラン理屈を劇中何度も説明するけど
こちらは何度説明されても、起こってることが100%ワカラン

作品毎にリアルな爆破シーンの規模がデカくなるし、見応えがありすぎる

「さすがのホイテ・ヴァン・ホイテマ(撮影監督)!!」とか言いたいけど、編集がチャカチャしてるから彼の良さがよくわからない気がするのは自分だけ?

ルドウィグ・ゴランソンは相変わらず作風に合ってる上に、劇中で起こってることを何倍も盛り上げてくれる音楽を連発させてるから、音楽だけでも十分に楽しめた

後、2回は観ないと理解できない…

 

 

好き度

☆☆☆☆☆ 5点

コメント

タイトルとURLをコピーしました